「豊かな子育てを」と願いを込めて みんなで育てていく保育園    


保育への想い


ソフトバレーボール大会

 12月1日(土)には、市内保育園保護者会連合会のソフトバレーボール大会が、東美濃ふれあいセンターでおこなわれました。

 1試合目はずっと一緒に練習してきた、こばと保育園が相手で惜しくも負けてしまいましたが、2試合目の落合保育園には勝利することができました。

 10月から11月にかけて、夜に3回の練習をしてきました。保護者の皆さん同士の交流にもなり、仲良く和気藹々と楽しめたのが何よりでした。

 参加してくださった保護者の皆さん、応援の子どもたち、ご家族の皆さん、ご苦労様でした。


きりん組 かくれ参観

 土曜日の午前中、きりん組の保育参観をおこないました。部屋の窓ガラスを紙で覆い、そこに小さな穴を開けておいて、そこからこっそり見ていただく、『かくれ参観』でした。たくさんの保護者の皆さんの参加で、譲り合って見ていただきありがとうございました。

 子どもたちが大好きなリズムやひも通しのオモチャなどで遊ぶ様子やトイレに行ったり給食の様子など、普段の子どもたちの姿を見ていただけたかと思います。

 また、子どもたちと一緒に今日の給食のメニューの試食もしていだだきました。お父さん、お母さんたちと一緒で、嬉しそうなきりん組の子どもたちでした。


やきいも

 今日は、焼き芋をしました。子どもたちは、以前から散歩先で焼き芋の時に燃やす落ち葉や小枝を拾ってきて、楽しみに待っていました。

 らいおん組のTくんのお家ときりん組のRちゃんのおじいさん、おばあさんのお家からいただいたサツマイモも、今回の焼き芋に使わせてもらいました。ありがとうございました。

 各クラスで、子どもたちと一緒にサツマイモを新聞紙で包んで水で濡らし、さらにアルミホイルで包み、準備しました。

 園庭では、火を起こしてちょうどよい熾(おき)になったところへ、ひとりひとり「ポイ!」と、サツマイモを投げ入れました。

 給食を食べる頃にはちょうど焼き上がり、ホッカホカの焼き芋を美味しそうに食べていた子どもたちでした。らいおん組では、最高3本くらい食べた子もいましたよ!


お客さんがやって来た!

 先週のハロウインの日は、お休みの子が多かったので、きりん組のA先生とW先生が扮する魔女が、「遅れちゃったハロウィン会をするから、みんなおいで~」と、全園児を招待してくれました。

 そして今日は、さらに3人のお客さんが来てくれました。(らいおん組変装参観、第2弾です!)

 赤いスカートをはいた「ジジ」、キティに名前が似ているような「タクティ」、クリスマスだと思って来てしまったトナカイの「チョッパー」の3人です。

 一緒に「どんぐりころころ♪」を歌ったり、パネルシアターや紙芝居を見たりして、最後はお客さんたちとタッチをして、さよならしました。

 らいおん組の子どもたちは、「○○ちゃんのお母さん・・・」と、わかっているけれど、そこには不思議な距離感があって、後で話す言葉を聞いていると、とても可愛かったです。

 来てくださった3人のお客さん・・・今日はお忙しい中、どうもありがとうございました。

 


ハロウィン

 今日は、ハロウィン・・・。

 小さな子どもたちですので、普段から楽しんでいることからハロウィンに繋げて楽しみました。

 きりん組さんは、お休みの子が多くて残念でしたが、カボチャのお面を頭に被っての参加でした。

 らいおん組さんは、1歳児の時から親しんできた魔女になりました。箒にまたがり、魔女になりきっている姿はとても可愛かったです。

 今日は、給食室、休憩室、職員室の3ヶ所を回りました。給食室はよく知っている給食の先生だったので大丈夫でしたが、休憩室には『カボチャのおばけ』 職員室には『魔女』がいて、ちょっぴり怖くて泣けてしまう子もいました。でも「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ~!」というハロウィンの言葉を言うと「わ~!いたずらされてはイヤだ、イヤだ!」と、お菓子をもらえたので、ニッコリ笑顔に変わっていました。

 部屋に戻って、もらったお菓子を食べた後、らいおん組さんは以前、園外保育に行った帰りに雨に降られ、その時に傘を貸してくださった市役所の北分室の方々に魔女の格好でお礼に行って来ました。

 途中、散歩先から戻ってくるぞう組さんとも出会い、その後は、市役所本庁の中を通って帰ってきました。出会う人や車で通り過ぎる方たちに大注目の可愛い魔女の子どもたちでした。

 今日の給食は、ハロウィンメニューで、おばけのカレーライスでした。おいしかったね!


お芋掘りに行ってきました!

今日は、らいおん組さんが楽しみにしていた芋掘りに、こばと保育園へ行ってきました。

 こばと保育園では、5歳児の子どもたちが待っていてくれ、一緒に手をつないで畑まで連れて行ってくれました。

 5歳児の子たちは、スコップや手で土を掘ってサツマイモを掘りやすいようにしてくれました。優しいお兄ちゃん、お姉ちゃんたちでしたね。

 サツマイモをよいしょ、よいしょと掘り出し、大きいお芋、小さいお芋・・・、いろいろなお芋がたくさん収穫でき、今年はとても豊作だったようです。

 そのあとは、2歳児ちょうちょ組さんと一緒に、かやの木保育園から届けてもらったお弁当を食べました。ちょうちょ組さんの部屋も2回目とあって、皆、慣れた感じのらいおん組の子どもたちでした。

 帰る前には、こばと保育園からおみやげにサツマイモをいただきました。たくさんのサツマイモの中から、自分で1本選んで、リュックに入れたり風呂敷に包んだりして、かやの木保育園まで頑張って歩いて帰ってきましたよ。

 こばと保育園で、5月末に子どもたちが苗を植え、水やりなどお世話をして育ててくれたサツマイモです。芋掘りの前には、ツルを取るなどの準備もしてくれました。

 こばと保育園の子どもたち、先生方・・・今日は芋掘りをさせていただき、ありがとうございました。



以前のブログはこちらから↓


ダウンロード
27年度財務諸表20160621132854.pdf
PDFファイル 21.5 KB
ダウンロード
27年度決算報告書
27年度財務諸表20160621133023.pdf
PDFファイル 32.6 KB

社会福祉法人かやの芽福祉会 かやの木保育園

〒508-0045 岐阜県中津川市かやの木町2654-1

TEL 0573-66-1533

FAX 0573-66-1748